2018年08月09日

通常の満月よりも大きく明るいスーパームーンと言われている現象がある

今まで知らなかったのですが、スーパームーンと言われている現象があるのだそうで、通常の満月よりも14%も大きくその明るさも30%も増加しているということです。

ほぼ年1回は観測できる減少なのだそうですが、地球と月の距離が最も近づき、それが満月のタイミングに重なった時点で発生する現象でスーパームーンと呼ばれています。

いつもより大きな月を眺めた記憶が何となくあるのですが、それがスーパームーンと呼べる現象だったのか、それに近いようなものだったのかわかりませんが、何となく想像できますね。

古くは占いでスーパームーンと地震等が関連付けられることもあるようですが、月が地球に通常以上に接近している時に発生する現象ですから、月の引力が何らかの形で関連している可能性もあるかもしれませんね。

いずれにしろ月が楕円軌道でまわっていることから、地球に近づいた際にスーパームーンが見られるということで、これからは気が付いたら上を見上げて月を眺めるのが習慣となりそうです。



Posted by ひとり at 10:20

削除
通常の満月よりも大きく明るいスーパームーンと言われている現象がある